鹿島アントラーズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

2016シーズン、7年ぶり8回目のJリーグ王者に輝いた鹿島アントラーズ。年間順位では3位に終わりながら、チャンピオンシップで伝統の勝負強さを発揮。1stステージ優勝後にカイオが抜けた穴を埋めたチーム力は見事だった。

さらに、開催国枠として出場したクラブワールドカップでも、アジア勢で初めて決勝へ進出。レアル・マドリーとの激闘は今年の日本サッカー最大のハイライトといえるかもしれない。

鹿島アントラーズ ユニフォーム 2017シーズンを発表しました。

kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-04

ホームはクラブ史上初となるネイビーを基調としたカラーコンビネーションを採用。鹿島灘をイメージしたネイビーにクラブの魂ともいえるディープレッドをボーダー柄で合わせ、躍動感あるデザインに仕上げている。

kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-05

ベースカラーをディープレッドからネイビーとすることで、伝統を重んじながらも新たな挑戦を恐れないクラブの姿勢を表現。アクセントカラーにゴールドを用いたほか、袖にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークが刻印される。

購入

鹿島アントラーズ 2016 ホーム ユニフォーム 半袖

鹿島アントラーズは2015シーズン、3年目のトニーニョ・セレーゾ監督を7月に解任。過去2シーズン、5位、3位と若手を起用しながら成績を上げてきた元・3冠指揮官だったが、今季は補強がうまくいかず、1stステージは8位に終わっていた。
後任にはクラブOBの石井正忠氏がコーチから昇格。いきなり5連勝を達成すると、その後も2ndステージで優勝争いを演じた。最終的に2位に終わりチャンピオンシップ出場は果たせなかったものの、ヤマザキナビスコカップでは決勝で ガンバ大阪を3-0と圧倒し、3年ぶり6度目の優勝を飾っている(石井監督は続投が決定的とのこと)。
鹿島アントラーズユニフォーム2016ホームのデザインが12月22日に発表しました。胸スポンサーは「LIXIL」。Nikeは相変わらずサプライヤーです。
鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズ新ユニフォームホームは2016年にクラブ創立25周年を迎えるにあたり、力強くインパクトのあるデザインを採用。ディープレッドとネイビーという伝統のカラーコンビネーションを継承しながら、切り替えしデザインを採用することでクラブの伝統と誇りを強烈かつ斬新に表現している。
鹿島アントラーズ 背
首回りにボタン付きの襟を取り入れ、アクセントカラーにはビクトリーゴールドを用いている。

購入

鹿島アントラーズ 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖

鹿島アントラーズユニフォーム2016アウェイは近年ベースとなっている白を基調に、アクセントカラーとしてビクトリーゴールドとブルーサファイヤを使用したデザイン。ブルーサファイヤは、創立25周年のメモリアルカラーとして、クラブの前身である住友金属工業蹴球団のユニフォームに使用されていたコバルトブルーからインスパイアされている。
鹿島アントラーズ2016新アウェイユニフォーム前
鹿島アントラーズユ ニフォーム2016アウェイスポンサーは、胸の「LIXIL」、背中の「イエローハット」、袖の「新日鐵住金」、パンツの「アイフルホーム」がいずれも継続する見込み。
鹿島アントラーズ2016新アウェイユニフォーム背

次は鹿島アントラーズ ユニフォーム 2016 ホームの紹介です。